Amazon輸入ビジネス,Amazon無在庫ビジネスお役立ち情報

石井道明公式ブログ

石井道明 Amazon無在庫輸入 リサーチは必要?【無在庫輸入の流れ】1

更新日:

皆さんこんにちは、石井道明です。

前回の記事から一歩踏み込みAmazon無在庫で稼いでいく方法について述べてきました。

さて今回の記事ではおさらいも含めてリサーチという観点からAmazon無在庫輸入ビジネスを見ていきたいと思います。

やはり無在庫輸入という響きからどうしても難しさや敷居の高さを感じてしまう方も多いようですが、概要さえ頭に入ってしまえば難しいことはありません。

そもそも無在庫輸入って?

さあそもそもの根幹で今さら聞けないというような人もいるかも知れませんが、「無在庫=在庫を持たない」という在庫を持たないという状態でどのようにものを販売していくのかということから説明していきたいと思います。

私(石井道明)がお教えしているAmazon無在庫輸入の基本とも言えることなので、これからこれから物販ビジネスを始めるという方や無在庫輸入を始めようと思っている方がいましたら是非参考にしていただけると幸いです。

まず無在庫輸入のなかでもビジネス初心者の方でも手がつけやすいAmazon無在庫輸入というものについて述べていきたいと思います。

これまで何度か触れてきているので、十分に理解されている方もいるかも知れませんが、無在庫輸入いうのは端的に言えば注文が入った時点で該当の商品を海外から仕入れ(輸入し)オーダーしてくれたお客さんの元へ届けるという流れのビジネスで、基本的に在庫を持たないビジネスということになります。

私(石井道明)がセミナー(Automation転売,Magic転売)でお教えしているAmazon無在庫輸入ビジネスはこの流れをamazon.co.jp(日本のAmazon)をプラットフォームとして販売していくのでAmazon無在庫輸入と呼びます。

前の記事でも触れましたが、在庫を持っていなくてもAmazonで販売する事はAmazonのドロップシッピングポリシーというものに明記されているように可能です。

Amazon無在庫輸入は、最初に商品を仕入れる必要がないので、初期費用の少ない方でも無在庫ビジネスの特徴としてビジネスの中でも特に最初に必要となる資金がだいぶ少なく始められたり不良在庫を抱えるというリスクが圧倒的に少ないというようなところからビジネスを始める人にも物販をある程度行っている人にも進められるビジネスだと言えます。

また私がコンサルしている(Automation転売,Magic転売など)でお渡ししているツールは時間やお金の少ない方でも出品、価格改定などを設定し自動化できるので学生の方や主婦の方にもおすすめな物販ビジネスです。

仕入先は主にamazon.com              (アメリカAmazon)やebayから仕入れていきます。

Amazon無在庫輸入の作業は基本的にPCさえあれば難しい知識なく行っていくことができます。

Amazon無在庫輸入リサーチなく稼ぐ!

一般的なAmazon無在庫輸入で稼ぐ一連の流れといえば以下のようなものになっています。

商品リサーチ

出品

仕入れ

発送

一般的な考えでは物販の基本となる商品リサーチから始めていきますが、私(石井道明)のお教えするAmazon無在庫輸入のセミナー(Automation転売,Magic転売)では商品リサーチにほとんど時間をかけません。

Amazon無在庫輸入を始めたばかりの方でどんな商品が売れるのか、不良在庫担ってしまうものはなにかという情報がなく、しかも売れ筋の商品は有在庫のセラーがFBAというAmazon倉庫を利用していることが多いためなかなか勝負することができません。

したがって売れすぎている商品ではなくその中間のものを狙っていくのですが、物販経験のない方からすれば余計に「?」という状況になってしまい、出品するのが遅れ、受注するのが遅れ、仕入れ発送まで程遠くなってしまいくじけてしまう方もいます。

ここで私(石井道明)のコンサルツールを使えば商品単体ではなく大まかに商品グループを狙って手動ではほぼ不可能な出品数をカバーし販売していくことができます。

ここで言うAmazon無在庫輸入の場合商品が売れてからアメリカから仕入れるので、お客様の手元に届くまでだいたい1~3週間ほどかかります。

Amazonは基本的に同一商品カタログに相乗りして出品していくことになりますが、納期の面から見てもゆう在庫のセラーからカートを奪取するのは難しいことになります。

カートの概念も別の記事でご紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

したがってAmazon無在庫輸入で出品すべき商品は

ランキングが上にいすぎて売れすぎていなく、FBA出品者がいない、専門的(ニッチ)な商品といったようなものを狙っていくべきことになります。

やはり「それって何??」となるような方もたくさんいると思います。

例えば自分が趣味程度でも興味がある商品を少しだけ掘り下げてみると、車だったりスポーツだったり楽器だったりと「こういう商品があったら便利なのにな」というものが少なからず思いつくと思います。

そのようなものをツールの使用によりピンポイントではなく関連商品もまとめて出せるので実質リサーチの時間が必要なく出品することができるということです。

またこのときに大事なのはもちろん興味や知識が深ければ深いほどよいですが、必ずしもプロ級なほど必要ではないということです。

あの人に比べたらまだまだ自分など知識レベルが低いなどと思って尻込みする必要はありません。

その分野に明るくない人、初心者の人からすれば十分教えてほしいと思うのは自分が違うジャンルのことを知りたいと思ったときに誰しも経験することではないでしょうか。

Amazon無在庫輸入 リサーチは必要?【無在庫輸入の流れ】まとめ1

さて今回の記事ではAmazon無在庫輸入の基本おさらいとそのリサーチについてちょっと掘り下げてみました。

リサーチに悩んで出品に手を付けられずにいるような方は参考にしていただけると幸いです。

-Amazon無在庫, Amazon輸入
-, , , ,

Copyright© 石井道明公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.