Amazon輸入ビジネス,Amazon無在庫ビジネスお役立ち情報

石井道明公式ブログ

石井道明 Amazon無在庫転売メリット・デメリット【Amazon輸入ビジネス】1

投稿日:

石井道明 Amazon無在庫転売メリット・デメリット【Amazon輸入ビジネス】1

皆さんこんにちは石井道明です。

これまで「Automation転売」や「Magic転売」という名目で各所でセミナーを行わせていただき多数の生徒の方に成果を上げていただいてきました。

またこれからどんどん稼いでいけるような意欲のある方も多数おられ嬉しい限りです。

そのようなAmazon無在庫ビジネスを行っていくにあたってよく下記のような内容のご質問を受けてきました。

「Amazon無在庫転売ビジネスはどのようなリスクがありますか。」

「Amazon無在庫転売ビジネスでは仕入れ前に商品登録することで注文が入った時点で品切れだったらどうするのですか。」

「無在庫ビジネスなので海外からの仕入れに対して納期は間に合うのですか。」

「無在庫の場合仕入れた商品が不良品の場合はどのようにすればよいのですか。」

といったような具合です。

今回の記事ではそのような内容について触れていきたいと思います。

一部の方は結構このような内容を待っていただいていたようでもありますね!

Amazon無在庫のリスク

はっきり最初に述べておきますと、無在庫転売のリスク、デメリットはあります。

これは有在庫無在庫、Amazonまたは他のECサイトを利用して出の販売でも同じですが、どこでも発生するリスクです。

またビジネスを行っていく以上リスクは管理するもので忌避するものではありません。

しかし「そのような文言はもう聞き飽きたよ。」といういままで物販に限らず様々なビジネスセミナーに参加してきていまいち成果が出ずに終わってしまったような方もいるかも知れません。

次の項目からそもそもAmazon無在庫ビジネスやAmazon無在庫転売ビジネスとはどのようなものかすこしづつ解説していきたいと思います。

無在庫物販とはなにか?

無在庫物販で稼げるのか?

無在庫物販は規約違反ではないのか?

といったような内容にもお答えしたいと思っています。

私(石井道明)の場合無在庫から物販を拡大させてきて現在では有在庫でも販売を行っています。

そのように低リスクでビジネスを拡大していけるというのも無在庫の魅力の一つですね。

次の項から少し細かく私の「Automation転売」や「Magic転売」という手法でどのようにリスクヘッジしていくか軽く触れていきたいと思います。

Amazon無在庫で注文が入ったとき品切れだった場合

Amazon無在庫ビジネスを行っていくうち、注文が入ったとき仕入先が品切れだった場合を心配されることもあると思いますが、私が「Automation転売」や「Magic転売」といったようなセミナーでコンサルさせていただいている方々にお渡ししているツールを使用していればそのリスクは最小まで抑えられることになります。

まずなくなっている商品に関しては出品が自動で終了することになります。

ツールの巡回の隙間で売れてしまう場合もありますが、稀なケースと言えますしその際もきちんと基本フローをお教えしてアカウントヘルスには響かない方法をお教えしています。

要はお客様にわかりやすく虚偽なくお伝えするという方法です。

海外からの仕入れで納期が長くなってしまう?

こちらもそのとおりで海外から仕入れるためそれ相応の納期はかかります。

根本的に出品する段階で納期に関して虚偽なく仕入れのための期間をAmazonに表示しているため、お客様もそこにご納得いただいて購入されているということになります。

当たり前なのですがカスタマーに対して嘘は絶対にいけません。

これはビジネスとして当たり前のことで虚偽なくお客様には最初から納期を開示することでその上で安心感を与えることができます。

こちらは私(石井道明)の独自の手法は若干関係ないかもしれませんね(笑)

仕入れた商品が不良品の場合どうすればいいの??

こちらもAmazon輸入ビジネスに限らず物販ビジネスの大きなリスクの一つですね。

しかしこのリスクは無在庫、有在庫、輸入、輸出、国内限らず物販ビジネスすべてにあまねく存在するリスクと言えるでしょう。

しかしたしかに無在庫輸入の場合その一点しか商品を仕入れていないためその一点が不良だった場合有在庫に比べてのリスクヘッジがAmazon無在庫ビジネスを行っていない方には難しく感じるかもしれません。

しかし商品の不良率はどのビジネスにおいても一定数は存在するものです。

こちらも虚偽なくユーザーに伝えて、それでご納得いただかなかったことは今までありません。

要は状況を最初に明記しておきそれにご納得いただいて購入していただいたユーザーの方に対して最初に明記した状況と違う状況を作り出すことなくコミュニケーションを取っていくということが重要になります。

Amazon無在庫ビジネスにかかわらずユーザーに嘘を付くようなことはもちろんいけません。

Amazon無在庫転売メリット・デメリットまとめ1

今回の記事ではついに私(石井道明)がセミナー等でしかお話していないAmazon無在庫転売を行う上で私の手法の概要の一部をお伝えしてきました。

ユーザーにわかりやすく伝える手法は確実に存在しそれを用いてわかりやすく伝えるといった技術はもちろん必要になりますが、基本的には虚偽なくビジネスを行っておけば上記のようなリスクは管理するもので忌避するものではなくなります。

さて次回からもっと掘り下げてお話していければと思います。

それでは石井道明でした。

-Amazon無在庫, Amazon輸入
-, , ,

Copyright© 石井道明公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.