Amazon輸入ビジネス,Amazon無在庫ビジネスお役立ち情報

石井道明公式ブログ

石井道明Amazon輸入ビジネス で使用できるツール

投稿日:

こんにちは、石井道明です。

 

Amazon輸入ビジネスで使用できる有料ツールはたくさんあります。

 

作業時間を短縮化してくれるたり、作業を効率化してくれたり、めんどくさい作業を自動代行してくれるツールなどうまく使えばとても便利なものです。

 

ビジネスの構築の仕方によってはツールの使い方がキモ担ってきたりもするように、モノは使いよう以上の効果を発揮することも多いです。

 

しかしそうは言ってもツールはあくまで道具です。(少し変な言い回しですが(笑)

 

そのツールを活かすも殺すもそれを使う人次第です。

 

今回の記事ではAmazon輸入ビジネスではどのようなツールが有るのかご紹介していきたいと思います。

 

Amazon輸入ビジネスで使えるツールの種類

 

Amazon輸入ビジネスで使えるツールの種類は大きく分けると以下のようになります。

 

リサーチのためのツール

在庫追跡をするツール

価格改訂をするツール

顧客フォローを簡素化するツール

 

次の項目からそれぞれのツールがどのようなものか解説していきたいと思います。

 

Amazon輸入ビジネスのそれぞれのツールについて

 

リサーチのためのツール

 

有料のリサーチツールは少し調べただけでもたくさんのツールがあるようです。

 

有料のリサーチツールを使うことでリサーチ時間の短縮につながるというメリットがあります。

 

ですがデメリットとして多くのツールの共通点では

 

ASINがつながっていないものは掘り起こせないというものが多いです。

 

ASINがつながっていれば商品は見つけやすくなりますが、見つけやすいということはすなわち他のライバルも同様に見つけやすくなってきて、競争がその分激しくなってきます。

 

またツールで掘り起こせるような商品は他の利用者も同様にみている可能性が考えられます。

 

そう考えるとメジャーなリサーチツールを選んで競争を勝ち抜こうとするよりニッチなリサーチツールまたは利用者が限定されているようなリサーチツールを選んで競争を避けたほうがほうがいい場合もあるかもしれません。

 

そのようなことから

ASINがつながっている商品→ツール

ASINがつながっていない商品→人力で行う

 

こういったバランスでリサーチを行っていくような事もできます。

 

 

在庫追跡をするツール

 

Amazonの商品の売上を予測するにはモノレートやプライスチェックで予測する方法がメジャーな方法になってきます。

 

その方法の弱点としてはAmazonのランキングを追うものなので正確な在庫予測がつきづらいという点があります。

 

その弱点を補いより正確な販売数を予測するために出品者の在庫の増減数を追跡するのが

在庫追跡ツールというものです。

 

この作業を手動でやるにはかなり骨の折れ、単調な作業になりがちなのでそういった意味では画期的なツールだと思います。

 

ですが、在庫数のデータはすぐに見れるわけではなくツールを起動させて日々のデータを収集させる必要があるのでデータを見るにはある程度日数が必要になってきます。

 

これは手動でも自動でも蓄積されたデータが必要なので変わらないということは覚えておきましょう。

 

価格改訂ツール

 

これも当たり前の話になりますがセラーセントラル内で設定した商品価格は意図して変更を加えなければずっとそのままです。

 

Amazonでは一つのカタログページに複数の出品者が出品するので一つの商品に対する価格は常に変動していることになります。

 

自ら設定した価格が最安値より離れていれば商品はなかなか売れません。

 

そのような事態を避けるためにこまめに価格を変える必要があります。

 

こちらも毎回行うとかなりの労力になるのですが、この面倒くさい作業を自動で行ってくれるツールが価格改定ツールというものです。

 

価格が下がりすぎないように調整したり、商品のコンディションや追跡する出品者を選んだりもできるため、作業を大幅に短縮できますし戦略に幅が出ます。

 

Amazonセラーセントラル本体にも価格追跡機能はありますが今のところあまり使い勝手はよくないというのが正直な印象です。

 

顧客フォローを簡素化するツール

 

運営するショップの高評価はカートボックスの獲得率にも影響していると言われているため

とても大切な要素になってきます。

 

ただAmazonは購入者さんが評価をつけてくれる割合が非常に少ないです。

 

評価をしてらうためにはフォローメールを送ることが効果的ですが、セラーセントラルから購入してくれた方へ逐一評価依頼のメールを出すことはこちらもなかなか骨の折れる作業です。

 

それを自動で行ってくれるのが顧客フォローツールというものです。

 

今では無料で使えるツールがあるのでそちらを利用するのも良いと思います。

 

まとめ

 

ここまで4種類のツールの概要をお伝えしました。

 

これらの種類のツールはそれぞれが独立しているものもあれば組み合わさっているものもあります。

 

私が行っているスクールで提供しているツールは在庫、価格改定、出品、リサーチのツールを組み合わせることで、無在庫販売の強みを最大化するようになっています。

 

こちらも順に記事で取り上げたいと思っています。

 

初めにお伝えした通り「モノは使いよう」なのでツールを活かすも殺すも自分次第です。

 

自分のビジネスの展望をきちんと見極めてツールを導入してみてください。

-Amazon輸入
-, , , ,

Copyright© 石井道明公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.