Amazon輸入ビジネス,Amazon無在庫ビジネスお役立ち情報

石井道明公式ブログ

石井道明 Amazon輸入ビジネスmyUSとのトラブルを上手に解決する方法

投稿日:

こんにちは石井道明です。

 

Amazon輸入ビジネスにおいてアメリカから輸入し商品を販売するためには転送会社経由での仕入れは欠かせないものとなります。

 

アメリカにはそれこそたくさんの転送会社がありますがその中でも1番の大手とも言える会社はフロリダにあるmyUSです。

 

アメックスのカードで支払いを登録すると割引があったりするので、私(石井道明)の開催するスクールでも推奨しています。

 

そのため「もう使用している」、「名前は聞いたことがある」といった方も多いかと思います。

 

myUSはアメリカの数ある転送会社の中でもトップレベルの輸送レートをもっています。

 

それはmyUSが日々大量の転送物を扱うためDHLやFedexなど各クーリエ(国際宅配便業者)と大口の契約をしているからこそ実現する輸送レートになっています。

 

そのため初心者の方でも安い国際送料で仕入れをすることができます。

 

しかし当たり前ですがmyUSはアメリカにある会社なので、基本的にサイト内で使われる言語は英語になっています。

 

日本語が通じないため英語ができない人、苦手意識を持っている人はトラブルや何か問い合わせをしたいことがあるときに一定の壁を感じることもあるでしょう。

 

そこで今回はmyUSで起こりうるトラブルを上手に解決する方法をご紹介したいと思います。

 

myUSへの問い合わせ方

 

myUSへ実際に問い合わせる方法としては以下の

 

電話

メール

チャット

 

といった3つの方法があります。

 

このなかで、メールは返信が来るまでに時差の関係や回答に最長2営業日ほどかかるなどスピード感に欠けます(フロリダと日本の時差は13時間で東京での午前10時はフロリダの21時となっています)

また電話は国際電話の料金もありますし、英語へのハードルは更に高いかもしれません。

 

チャットはなにか問題が合ったときすぐに答えてくれる上、英語に関してもgoogle翻訳などを使用しながら会話することができるため上記2点のデメリットを補うことができます。

 

最近のgoogle翻訳は精度がかなり高くなっており、一昔前だったら文章を打ち込んでも意味が通らないものになったりしがちなので単語単語を組み合わせていく必要があったのですが、今は自分が伝えたい文章を直接入れてもかなりの確率で意味の通る文章にしてくれます。

 

チャットへのアクセス方法

 

myUSのチャットへのアクセス方法はmyUSアカウントの下部から

 

Contact us → Chat now

 

のようになるので、chat nowをクリックすると必要事項を記入の後、myUSのチャット専属オペレーターへのコンタクト画面に切り替わります。

 

自分のsuiteナンバーを入力する項目もあるのでこちらも入力しましょう。

 

suiteナンバーはmyUS画面の右上に表示されています。

 

パチっという音とともにオペレーターからのメッセージがくるようになるので、そうすればチャット開始です。

 

チャットの前の用意

 

チャットにアクセスしようとする前に問題点をスムーズに伝えて迅速に解決するために以下のことを控えておくと良いでしょう。

 

1.問い合わせ内容を英文化しておく

オペレーターに繋がったら用意してある英文をコピペすればすぐにこちらの意図が伝わるため伝えたい内容を用意しておきましょう。

 

先述したようなgoogle翻訳を使用すれば簡単です。

 

チャットはメールとは違いリアルタイムのやり取り担ってくるので、想定できる内容はある程度用意しておくとスムーズにことが進みます。

 

2.該当の荷物のパッケージID

オペレーターが問題が起こっている荷物を確認する場合に必要になります。

 

すでにmyUSに届いている荷物に関して問い合わせをしたい場合はその荷物のパッケージIDを控えておきましょう。

 

「Ready to Send」の画面で確認することができます。

 

オペレーターにうまく伝えるには

 

ここまででもやはり英語の文章でうまくmyUSオペレーターに伝えられるか不安に思っている方も多いと思います。

 

そんな場合は状況を伝える画像を用意しておくと良いでしょう。

 

PC画面をスクリーンショットに撮り英語で状況説明した画像をオペレーターに送ると状況を理解するのが早くなります。

 

注意が必要なのはチャットではこちらから何も伝えずに急に画像を送ることはできません。

 

したがってオペレーターにその旨を伝え画像を送れるようにしてもらう必要があります。

 

「Since I want to explain the situation, can I send an image?」といったように「状況を説明したいので画像を送ってもいいですか」と添えると良いでしょう。

 

このように伝えればオペレーターが画像を送れるようにしてくれるので先程のスクリーンショットを貼り付けて送りましょう。

 

画像はJPEGかPDFなら問題なく送信することができます。

 

まとめ

 

myUSとのトラブルを上手に早く解決する方法としてチャットを利用して解決する方法をご紹介しました。

 

チャットだとスピード感を持ってトラブルを解決してくるのでなにか起きた際に尻込みせずに積極的に使用していきましょう。

 

アカウント画面上ではできない指示に従ってくれたりすることもあります。

 

英語に関して壁を感じる人も徐々にチャレンジしていきましょう!

-Amazon輸入
-, , , ,

Copyright© 石井道明公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.