Amazon輸入ビジネス,Amazon無在庫ビジネスお役立ち情報

石井道明公式ブログ

石井道明 Amazon無在庫販売は規約違反?

更新日:

こんにちは、石井道明です。

無在庫販売と聞くと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

大抵はグレーなイメージをいだいていたり、人に迷惑をかけているという認識がある人もいると思います。

前のコラムでも述べさせていただきましたが基本的にビジネスは安く仕入れて高く売るということが常識なので無在庫の販売はグレーでも何でもありません。

もちろんコンサートチケットの無断高額転売などは規約で禁止されたり、他に欲している人がチケットを手に入れられなかったりするためこれは良くないことです。

実際にAmazonビジネスで健全に無在庫販売をおこなっていく上でどのような理解で販売していけばよいのでしょうか

それを今回は取り上げさせていただきたいと思います。

Amazonの在庫販売に対しての規約

Amazonにはドロップシッピングポリシーという利用規約があります。

まず以下にそれを紹介させていただきたいと思います。

ドロップシッピングポリシー

出品者が、在庫を持たずに、卸売業者やメーカーなどから直接購入者に商品を出荷・配送する形態であるドロップシッピングは、原則として認められています。

ただし、ドロップシッピングを利用する場合は、出品者は以下の要件を全て満たす必要があります。

商品の記録上の販売者であること。

商品に同梱または付随する納品書などのすべての情報に、自身を商品の販売者として明記すること。

購入者からの商品の返品受付・実施の責任を負うこと。

Amazonの定める出品者規約およびポリシーのすべての条項を遵守すること。

例えば、以下のようなドロップシッピングは禁止されています。

別のオンライン小売業者から商品を購入し、その小売業者から購入者に直接出荷すること。

納品書や請求書などに自身以外の販売者名や連絡先情報を記載して、注文商品を出荷すること。

これらの要件が遵守されない場合は、出品者の出品権限が一時停止または取り消されることがあります。”

ドロップシッピング=Drop Shippingは言葉の意味を直訳すると直送になりますが、この場合でいうドロップシッピングは商品の仕入れを前もってせずに、オーダーが入ってから商品を用意するというシステムです。

ネットショップでは商品の仕入れを前もってするのではなく、こちらもオーダーが入ってから商品を用意しオーダーしてくれた顧客に商品をお届けするということになります。

ドロップシッピングの場合商品のオーダーが入ったとき販売者ががメーカーや卸業者に連絡を取り購入者の元に発送するといったような具合になり、これがドロップシッピング=直送といわれる理由になります。

Amazonで無在庫販売を行う場合販売者としての責任を明記してあり、その他の出品者規約やポリシーを遵守していれば無在庫事態は禁止はされていないということになります。

アフェリエイトもその部分にフォーカスすれば似たようなシステムと言えるでしょう。

アフェリエイトは商品やサービスなどをその商品、サービスそのものをもっている本人に代わって販売し、紹介報酬を得ることになります。

Amazonビジネス無在庫販売のメリット

無在庫で販売する場合のメリットと言えばまず在庫を持たずに販売できるため非常にリスクが少なく、物販として商売を始めるときの資金もだいぶ少なくスタートできるということがあります。

通常の在庫ありきの有在庫の場合は仕入れた商品が思ったときに売れていかないと在庫を抱えてしまうことにもなり、その分の倉庫を借りる代金やキャッシュフローにも影響して来てしまいます。

また在庫を仕入れることからスタートするので商品のリサーチの精度が無在庫のときとは比べられないほど必要となり、その点無在庫販売は商品を陳列することにそもそものリスクがないため気軽に商品を陳列でき売れたものから分析していくことができます。

Amazonビジネス無在庫販売の不安

無在庫販売を行っていためAmazonセラーアカウントのアカウントヘルスが悪化しアカウント停止するという心配を持たれている方も少なくないと思います。

無在庫販売を行っているためにアカウントヘルスが悪化するということは、

そもそもの納期に虚偽がある

商品を届けられないために購入者に迷惑をかける

などの理由が原因だったり組み合わさったりして起きているということです。

最初から明言してあり、購入者もその明記された内容に納得している場合はそもそもそのことで購入者に迷惑がかかるということにはなりません。

 「地球上で最も豊富な商品を提供し、地球上で最も顧客を大事にする」

というAmazonの理念に対して反することなく顧客を第一に考えてセラー運営をしていくということと無在庫販売を行っていくということは矛盾しないということがわかっていただけたでしょうか。

 まとめ

Amazonビジネスに於いて無在庫販売はAmazonで禁止されているという早計な認識や実際にアカウントが停止になった人がいるというような話を聞いて二の足を踏んでいる方もいると思います。

またそれを非難するような人も中にはいるかも知れません。

しかし規約をよく理解すると無在庫販売は禁止ということではなく、顧客に対するサービスに虚偽がないということにフォーカスして行っていけば、商社とも似たような動きだとも考えられます。

これからこのコラムでも更に無在庫販売に対するテクニックなども紹介していきたいと思っております。

みなさんも様々なビジネスチャンスを逃さずにAmazon輸入ビジネスを楽しんでいきましょう!

-Amazon輸入
-, , , ,

Copyright© 石井道明公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.